34歳 季節の変わり目によくアレルギーが出る

今のところアトピーの症状が出ていませんが、30代になった途端に急にアレルギーの症状が出始めました。

 

アレルギーは急になってしまうということを耳にしたことはありましたが、実際に自分の肌にアレルギーの症状が出てしまうとどうしたらいいのか手も足も出ない状態になってしまいます。

 

具体的には、アレルギーが出てしまった場合、赤い湿疹ができ、それに伴いかゆみがある場合があるので厄介です。

 

なるべくかかないようにしていますが、ふとその部分に手が伸びてしまい、ついついかいてしまうことが多々あります。

 

かいてしまうことで、さらに赤みが増してしまい、またかゆくなってと悪循環に陥ってしまいます。

 

また、30代に入ったあたりから肌に湿疹ができやすかったりアレルギーになったり蕁麻疹のような症状が出たりと肌が弱くなってきたなといった実感があります。

 

もともとアトピーがある人は、ただでさえアレルギーでも大変なのにこの何倍も大変な思いをしているのではないかと考えただけでも切なくなってしまいます。

肌の保水力が失われると肌トラブルが増える

どんどん年齢を重ねるとともに、肌の保水力が失われるため、さまざまな刺激に敏感になったり肌がデリケートになってくると思います。

 

そうなってくると、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が大きくなってしまいます。

 

肌の保水力が徐々に失われることで、乾燥する日が特につらいと感じたりすることが多くなっていきます。

 

季節の変わり目は、体調も崩しやすく肌も乱れやすいので注意しなければいけないと思います。

 

カルピスのアレルケアは、L-92乳酸菌をたっぷりと配合しているのでカラダの中からバランスを整えたいといった方や、カラダに良いとされている乳酸菌をもっと手軽に摂り続けたいといった方にはとてもありがたいサプリメントだと思います。

 

30代に入ったあたりから、季節の変わり目や日々のストレスがアレルギーとなって肌にあらわれるようになったので、それを未然に防ぐためにもカラダの外からだけではなく中からのしっかりとしたケアが大切だなと日々思っています。

 

しっかりとしたカラダの中からのケアを行うためにも、カルピスのアレルケアのサプリメントを摂取して一年を通して健やかな毎日を送ることができたらと思いました。